読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばけうさぎの断片的なこと、あれこれ

思いつきで書いたり書かなかったり

6年前のこと

このブログ、2011年から書き始めてる、ということに最近気づきました。嘘でしょ!?

6年前からだらだらと思い煩うことしか書いていなくて笑う~~~って思った。

何回か消そう、って思ったことあるんだけど、消さないでよかったかもしれない。

2011年のときの私は鬱状態と言われて休職していて、そこで2年くらいずっと何もしていなかった。何が好きかも分からなくなって、それから最近までずっと自分が嫌いで嫌いで仕方なくて、回復して少しでも将来に希望が持てるようになるまで、こんなに時間がかかると思っていなかった。

好きなものを好きと言えること、何が好きか理解するようになること、自分の感情はどういうきっかけで変化するのか理解すること、それを自分で観察できるようになるのは、心の筋トレみたいなものなんだなあと最近思う。ある程度訓練が必要なのだ。

だらだら食べていると筋肉の周りに脂肪がついて動きにくくなるように、周りのものをなんとなく受け入れたり、特に気を払うことなくすごしていると、心も硬く動きにくくなる。無理やり体を締め付けると苦しいように、心も無理やり締め付けると、苦しい。

快適に動かせるようにするには、心もケアをして、観察をして、必要なエクササイズ(内観とか、好きなものを見に行くとか、旅をするとか)が必要なんだなあ、って。

 

あの時期がなければ今、こういう風に過ごせなかったかも、と思うけど、同時に本当にあの若い時代を無駄にしたという悔いがとてもある。若さだけが人生の価値とは思わないけど、若いということはやはり価値があることだと思うのだ。

自分の心の器の大きさや、素材や、特徴、弱さを知らなかったころの生きづらさと、今のくやしさだったら前者のほうが大きいのだけど。

20代の原色のような彩りがどんどん陰っていっている気がして、今私はどんな色なんだろうって不安になる。

私は少し色づいた人生が送れるだろうか。