読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばけうさぎの断片的なこと、あれこれ

思いつきで書いたり書かなかったり

なんだかうまくいかないこの頃からのメサイアの話

身体の時期もあるんだろうけど、どうにもこうにもマイナス思考でうまくいかない。

過去のうまく行かなかったことを思い出してクヨクヨしたり、私はどうしてこんなに時間を活かせないんだ!?!と絶望しながら、なぜかゴシップサイトを延々と読んでいたり。不毛極まる。

最近小説も読んでないんですよね。それもなんか嫌だ。かと言ってあまり日本の小説は好きではない。ウェットすぎる。

ウェットすぎるで思い出したのでここから下はいきなり演劇の話になります。というかモヤモヤの吐き出しだな。

メサイアという演目を見に行って、私の周りは涙涙の総褒め称え萌感動の大嵐なんだけど、個人的には「はあ〜???ちゃんと組織に入れる人間の調査をしろ????」ということが多かったり、国と国の対決なのにあまりにも個人の感情で動いている部分が好きになれない。原作は好きなところのほうがまだ上回るんだけど演劇になった瞬間どうしてこうなった感ある。

(一応説明するとざっくり言うと架空の日本におけるスパイ兼特殊部隊もののの話。一応敵は「北方連合」という国なんだけど、劇だとその下部組織みたいなのが沢山出てくるしなぜその方向性の違いで一緒になろうと思った?と思う)

でも人気演目だし好きになれない自分がおかしいのかな〜というところと、いややっぱりこれ人気なのわけわからんな、という2つの自分がいる。まあ迎合したい自分とそうじゃない自分(あとフォロワーさんから過去作全部借りたので言いにくい)がいる。

かと言って、メサイアは駄作中の駄作かと言ったらそうじゃないんだよな、というのもある。駄作と言い切るには良さがあるんだけど、多分俳優のスキルが高いんだな。俳優のスキルに頼りすぎだろ、とも思うけど。

今回から新シリーズに切り替わり、以前よりアクションも増え、ビジュアルもスタイリッシュに変わり、メンバーも新しく変わり、多分原作寄りのシンプルな構造に変わるのかな?という期待が持てるから次も1回くらいは見るかもしれない。

とにかく重い設定を付ければいいのか、とか依存を愛と呼ぶな、とか個人的な好き嫌いもあるから決して好きな人を否定するのではなく自分がとにかく合わないという話なんですけどね。難しいね。