読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばけうさぎの断片的なこと、あれこれ

思いつきで書いたり書かなかったり

久しぶりに書く

最終更新がもう2年前か……。
この2年の間に、私はウキウキで書いていた派遣の仕事を辞め(パワハラ諸々で)、契約社員になり、今は正社員として働いている。正社員・契約社員・派遣・無職、フリーター以外の雇用形態全部やってるの自分でも面白い。そして全部職種違う。文字通りの「転職」だ。

今の職場は多分辞めないと思う。親からは「ようやく自分に合うところに勤められたな」と言われて色々癪に触るところもあるけど、納得もしている。私はとにかくチームワークが向いていないというのを今の仕事で理解した。今の職場は別に周りと仲良くする必要はない(嫌われに行く必要もないけど)。仕事をこなして普通のコミュニケーション取れてれば十分で、更に飲み会のマナーだの言われることもない。それがこんなにストレス貯まらないなんて〜!知らなかった〜!

あと、去年から少しずつ舞台を見に行くようになった。小劇場のものにはたまーにいってたけど、最近は2.5と言われるものにも行くし、俳優さんを知るようになったから、それ以外のミュージカルや商業演劇にも興味を持つようになった。

推し……というか、応援する俳優さんも出来て、ブロマイド買いに行ったり、写真集買ったり、DVD買ったり、握手会とかにも行くようになった。

色々ややこしいなあ……と思うこともあるが、新しい世界に入って、楽しいことがとても多い。

まず、新しく会う人が増えた。友人……と言っていいのかはわからないけど、観劇をしているうちになんとなく顔見知りになったり、ツイッターで感想書いてたらリプ頂いたりとか。で、現場で一緒になって、それから時間が合えば一緒に観劇するようになって。

年々友人は減っていくし、自分は出不精で色々気難しいし新しい友人、少なくとも新しく出会うなんてないよなーと思っていたけど、あるじゃん!って思った。単純に嬉しい。


あと、応援する俳優さんにイベントで会ったり握手したりあまつさえ会話できるとか本当かよ!?!って思う。これは完全に文化の違いだけど、私はこれまで岡村ちゃんしか見ていなかったので、本人と直接会って会話できて握手とか出来るのが割とあるというのにまず驚いたし、一緒に写真撮れるとか意味がわからない……私の容量では無理です………アイドル文化圏では普通だと思うんだけど、私は本当にあわあわとしている。

これまでは「いや本当推しと一緒に写真とか自分が死にたくなる絶対無理」って思っていたけど、次はチェキの機会があったら1回くらいはお願いしたいと思う。

話が脱線したけど、まあこうやって接触の機会もあれば、普通に舞台からも客席は見えるわけだし、他のファンの方もいるわけで、これまで私は「おしゃれとかわからないしやったところで……」ってうじうじしていたのを捨てた。「いや、普通にガビガビの肌で行くの嫌だし、モサっとしてるおばさん来ても本当に無理でしょ……」と思ってから1ヶ月で7kg近く落ちたの面白い。あと、コンタクトに変えて、契約→正社員になったのもあるけど、化粧品変えたり、「若手俳優たちもあんなに肌ケアでパックしてるんだから並以下の一般人の自分だったら尚更じゃない?!」と思ってフェイスマスクをガンガンするようになった。肌の水分量変わったよ!やったね!

すごい分かりやすい外見的な話とかをしてしまったけど、今まで円盤買わなかった(物が整理できない)自分がするすると全部揃えて初めての遠征をキメるくらい好きな作品に出会ったり、作品に揺さぶられたり、斜に構えていた自分がボロボロ剥がれていくような出会いがあったりした。

そして、自然と自分を卑下するのをやめるようになった。

2.5は特にだけど、俳優さんが自分より年下なのは当然だし、ファンも自分より若い人もたくさん見かける。そういうとき、「私年だから〜〜」って言うのは、ダサいし、自分が若いときだって対応に困ったし。それより少しでも良くしようって思うようになった。
自尊心が高まったんだと思う。自分が次に舞台に行くとき、イベントで俳優さんを応援するとき、ファンレター書くとき、嘘をつかずに素直に「頑張ってください!」と言える自分でいたい、と思うようになって、初めて「自分を大事にする」という感覚を得た。
30年以上生きてきて初めて、素直にスッと入ってきた。


なんなんだろうな。

たまたま良い作品に出会ったことや、「わー、この人、好き!いい!」と思う出会いがあったし、たまたまツイッターでリプしたり、会話してくれたりしてくれる人がいて、なんというか、本当に久しぶりに楽しい、という気分を味わってる。心を少し開いている。