読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばけうさぎの断片的なこと、あれこれ

思いつきで書いたり書かなかったり

ひさしぶりに

再就職したら祖母が亡くなり、年末、正月と過ぎいつの間にかもう1年の6分の1が終わろうとしている。早い。 

職場には少しずつ慣れてきている。
基本的に3か月くらいは私の人見知り期間であるが、今は派遣社員ということもありまだあまり気を抜けない。正社員や直接契約との違いはここも大きいと思う。どこまで行ってもここはホームでなく、あくまで他人の場所なのだ。失敗や気の緩みが契約打ち切りになるかも、と思うと必然的に力が入る。 

しかし、ある意味自分にとっては開放感のある職場かもしれない。 

「才能」という言葉に振り回されないことがとても幸せだ。

人の才能を上から目線で判別するのにも、自分自身に対して才能の有無をいちいち確認して、確認しなければいけないということはすなわち無いという事実に打ちひしがれるのにも、もう振り回されなくていい。

私は、私の仕事をしていればいい。

それはとてもしあわせなことだ、と噛みしめる。