読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばけうさぎの断片的なこと、あれこれ

思いつきで書いたり書かなかったり

『呪詛抜きダイエット』イベント、そして「みじめさ」④

 

運命の女の子 (アフタヌーンKC)

運命の女の子 (アフタヌーンKC)

 

トークショーの翌日、ヤマシタトモコさんの新作『運命の女の子』が発売された。

瞳の箔押しが美しい。

すぐ購入した。

 

サスペンス、ラブストーリー(?)、ファンタジー(?)の3つの話が入っている。

 

勝手な意見だけど、ヤマシタトモコさんの一般誌でのテーマは「みじめさ」な気がする。

 

ヤマシタトモコの作品では、「自分がいる社会での『みじめさ』」を感じている人が、丹念に、丁寧に描かれる。「劣っている」のではなく、「いたたまれない」という気持ち。自分はここにいてはいけない、というようなみじめな気持ち。

美しくても、醜くても、どこかで「あ、自分はこの社会では『評価されない』存在なんだ」と思う瞬間、地に叩きつけられるようなみじめさを感じる。

 

女の子よ銃を取れ

女の子よ銃を取れ

 

 『女の子よ銃をとれ』でもこの「みじめさ」が描かれていたような気がしたんだけど、この「みじめさ」というのが昨今の社会における「呪詛」なんじゃないかな?と『運命の女の子』を読んだ時にぱっと思いついた。

 

あくまで思いつきなんだけれど、『呪詛抜きダイエット』はもちろん田房さんの個人的なテーマ・ストーリーが絡んでいるし、『女の子よ銃をとれ』も雨宮まみさんの個人のストーリー、全く別の話である。

 

だけど、世間にかけられている、または自分でかけている「みじめさ」という「呪詛」は、あるんじゃないかな?

 

トークショーの翌日というタイミングだったからかもしれないけれど、強く感じた。

 

「みじめさ」についてはまた今度。

とりとめのない記事はここまでです。