読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばけうさぎの断片的なこと、あれこれ

思いつきで書いたり書かなかったり

台湾旅行ふりかえり その①

遅くなりましたが、ぼちぼち台湾旅行について振り返りたいと思います。
しかし、一週間も旅していたので、どうやってまとめようか呆然…。
とりあえず、今日は今回の台湾旅行で「これは事前に知っておくべきだった!」という点を
いくつか書こうと思います。

①桃園国際空港~台北車駅間でバスに乗る場合、自分たちのホテルはどこの駅が近いか
   確認すること。
 
 

f:id:danae219:20120111212049j:plain


 
 ⇛桃園~台北駅までおよそ1時間~1時間半ほど高速バスに乗る必要があるのですが、
  みんな「台北車駅」と書いてあっても、会社により通る道路が違うようでした。
  終点見ても「これ台北駅行かなくないか…?」みたいな。
  これは、事前に調べておくべきでした。
  初台北の母親は完全にテンパッてしまい、私も久しぶりの桃園だったので、ここで時間ロスしてしまいました。
  前もって、どこのバス会社にするか決めておくと良いと思います。

  私も母も中国語ができないため、「台北駅に着くのよね?」というバスを選びましたが、
  ドキドキするくらいボロかった…。
  一番綺麗だったのは長榮バス(EVA AIRのバス会社)。そして、時間も早そうでした。
  私たちは、台北に着くまで90分以上かかってしまいました…

※1 あと、帰国後見た情報だと、桃園~台北駅間で新幹線に乗ると早い、とあったのですが、
    桃園空港とその駅は直結しているのか…。もしくは、近いのか?
    もし新幹線が使えるのなら、次回は使ってみたいと思います。

※2 自分たちが宿泊するホテルに、送迎サービスが無いか確認してみましょう。
  私は着いてから知りましたが、Dandy Hotel 中山店には、到着時・帰国時それぞれ
  送迎サービスがありました(桃園⇛ホテル:1200 NWD ホテル⇛桃園:900 NWD)
      バスより高いですが、荷物が多い時や、夜遅いときなどにはこちらのほうが良かったな~
  と思いました。帰国時利用させて頂きました。 
 

②地下鉄の路線図は最新版をゲットすること。

 ⇛日本から一応最新版のガイドブックを持っていったのですが、想像以上に今台北地下鉄(MRT)の新路線工事が

  進んでるようです。路線名が変わっていたり、新しい駅ができていたりしていて、ちょっと古いやつだと対応
  できてないです。
  なので、台北についたらすぐにMRTの駅で路線図(日本語版あります)をゲットしましょう。
  
  もしかしたら、台湾の観光協会とかでももらえるかもしれないですね。
  私は今回、宮崎からの出発だったのでもらえませんでしたが、
  次回東京から行くときは、事前に観光協会を訪ねようと思います。

③帽子・スカーフ・薄手のナイロンジャケットは必需品。
 
 ⇛日本より暖かい台湾。とはいえ、全く油断できません。
  バスや室内・車内で冷房がガンガンかかっていたり、
  夜や風が強い日は案外肌寒かったりして、余裕こいていたらまんまと風邪気味になりました。
  毛糸の帽子や薄手の上着など、簡単に脱ぎ着できて、かつ暖かいものは重要です。
  特に帽子。びっくりするくらい体温調節に役だってくれました。
  
  中正紀念堂など、広くて風がびゅんびゅん通る場所に行った際、
  私⇛帽子あり 母⇛帽子なし で…母親は「耳が寒くて痛い!」と漏らしていました。

  上着じゃ暑すぎる、でもちょっと寒い…ってときの準備が大事でした。

  
それでは、次はさっそく旅行の話を…。
下は、3日ほど通った朝ごはんのお店の豆漿と米漿です。
本当に好吃♡でした。 
 

f:id:danae219:20120112113902j:plain